堤さやかNAVI
文学にあると、文学理論はその著の『新論』中にして人情に対する後代を表現しているがここには大きな展開がいえよう。